ニュース
» 2016年10月24日 08時30分 UPDATE

白昼のアンカレッジにクマった珍客 パトカーと2時間にわたり逃走劇を繰り広げる

アラスカとはいえ珍しい事件だそう。

[菊次郎,ねとらぼ]

 米国・アラスカ州最大の都市アンカレッジで、クマが街中を逃げまわる事件が発生しました。

 駆け付けたパトロールカーの車載カメラが、指をさして逃げる街の人々を捉えます。パトカーの前に現れたのは黒クマ。そこから2時間にわたるパトカーの追跡がはじまります。クマは人が待つバス停の近くを通過したり、ピザハットの駐車場へ逃げ込んだり、どこへ行くか分かりません。それでもパトカーは付かず離れずクマの追跡を続けます。




アンカレッジでクマ 「あれよ、こっちにくる!」

アンカレッジでクマ 「アンビリーバブル!」

アンカレッジでクマ 「大胆なやつ!」

アンカレッジでクマ 「あ、クマ?」

アンカレッジでクマ 「ついに腹が減ったか?」

 しばらく逃げ続けたクマでしたが、最後は緑のある広場で、観念したように1本の木の下にたたずみます。ようやく狩猟局の人に無事保護されました。警察によるとアラスカとはいえこのようなケースは非常にまれ。もし街中で野生動物と遭遇したら、できるだけ距離をとるようにと注意を呼びかけています。


アンカレッジでクマ 「そりゃ無理だろ……」

アンカレッジでクマ 「あとは狩猟局にまかせよう……」

※:画像はアンカレッジ警察のFacebookより

関連キーワード

Facebook | 警察 | アメリカ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼ生物部に「いいね!」しよう