ニュース
» 2016年10月25日 12時00分 UPDATE

M・スコセッシ監督作「沈黙-サイレンス-」 窪塚洋介&浅野忠信が演じる重要キャラクターの場面写真が解禁

“人間の弱さ”をテーマにした物語。

[あいひょん,ねとらぼ]

 マーティン・スコセッシ監督(「タクシードライバー」「ディパーテッド」ほか)が遠藤周作の代表作を映画化した「沈黙-サイレンス-」が、2017年1月21日より全国の劇場で公開となります。


 17世紀の江戸初期、激しいキリシタン弾圧の中で棄教(ききょう)したとされる師の真実を確かめるため、日本へとたどり着いた若きポルトガル人司祭・ロドリゴ(アンドリュー・ガーフィールドさん/「アメイジング・スパイダーマン」シリーズのスパイダーマン役ほか)を主軸に、想像を絶する弾圧の中で、人間にとって本当に大切なものとは何かを描いた歴史大作です。スコセッシ監督が1988年に原作小説と出会ってから28年間にわたり暖め続けてきた待望のプロジェクトとのこと。

沈黙 窪塚洋介 キチジロー 窪塚洋介さん演じるキチジロー

 窪塚洋介さんは物語を大きく動かすことになるキチジローという男を演じます。みすぼらしい姿で歩き回り、人間のどうしようもない弱さを抱えるキチジローを演じた窪塚さんに対してスコセッシ監督は、「力強く演じているだけではなく、心から正直に演じていて、役を心底理解していた。目の前でキチジローが作り上げられていくのを目の当たりにした」と絶大な信頼を寄せています。

 彼は日本にたどり着いたロドリゴたちを長崎へと導く先導となり、その後たびたびロドリゴの軌跡に重なるように登場する、信念に殉じようとする司祭と対比をなす重要なキャラクターです。

沈黙 浅野忠信 通辞 浅野忠信さん演じる通辞

 浅野忠信さんはロドリゴに対して棄教を迫る通辞(=江戸幕府に属する通訳)を演じます。窪塚さん演じるキチジローとは打って変わって、背筋を伸ばして鎮座する凛とした佇まいが印象的な場面写真です。作中では流ちょうな英語を披露するシーンも。

 他にもキャストとして、リーアム・ニーソンさん、イッセー尾形さん、塚本晋也さん、小松菜奈さん、加瀬亮さんの名前が挙げられています。

配給:KADOKAWA
Photo Credit Kerry Brown

関連キーワード

映画 | 歴史


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの日常―― どうしても定時で帰りたいときに使える技をまとめてみた

やまもとありさ×ねとらぼ: SNSマンガ家群像劇「アオイトリデ」


» 続きを読む
» 過去のまんが一覧

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー