ニュース
» 2016年10月26日 11時00分 UPDATE

やわスピ×ねとらぼ:ドラマ「プリンセスメゾン」1話 沼越さん、マジでマンション買うつもりなの?

沼越さんのもっさり感が、はんぱなくもっさり。※追記あり

[たまごまご,ねとらぼ]

「家」を買う

 人生で一番大きな買い物、家。

 不動産屋モデルルームに、若い独身女性が1人で来たら。つい「間違えてきたのかな?」と考えてしまう……。いや、失礼だよね、1人で物件買うのも、ライフスタイル。

 「プリンセスメゾン」は、26歳の沼越(ぬまごえ)さんが、マンションを買うために不動産屋に通う話。NHK BSプレミアムで放送中。放映後にNHKオンデマンドでも公開されます。マンガはやわらかスピリッツで連載中です。



画像画像画像 池辺葵の原作漫画

 原作で、もっさーーーりしている沼越さん。「このもっさりさんがすごい!! 2016」多分1位。おさげでパーカー、地味ーな格好。居酒屋勤務、結婚の予定なし。地味なのが、逆にめちゃくちゃ目立つ。家族やカップル、壮年夫婦が来るモデルルームに1人リュックでふらふら。目がキョロキョロ。しゃべりかたはモソモソ。

 これを森川葵が笑っちゃうほど忠実に再現。なんだろう、「この子が自分の働いているところに来たら、心配で取りあえず声をかけちゃう」ような存在感。気にすんなってほうが無理。


想像だけで決めつけて

 不動産で働くスタッフの要(かなめ)さんも、さすがに彼女は無理だろうなーと思っていた1人。ある日飲みに行った所、居酒屋でものすごく働いている沼越さんに出くわします。帰り際、彼女が他の店員と話していたセリフ。

 「努力すればできるかもしれないこと、できないって想像だけで決めつけて、やってみもしないうちに卑屈になっちゃうのはだめだよ」

 これ、沼越さんを見る視線に対しても、同じだと思う。「この子はふわふわしているしお金もなさそうだから、マンションを買えない」……なんて想像で決めつけちゃだめだよ。

 不動産屋の社員でやり手の男性・伊達さんがものすごく鋭い。彼はどんな人でも、買おうと考えている人に公平。お客さまの疑問点は、なんだって全て教える。すぐには買わなくても、どこまででも尽力する。ちょっと感情を見せなさすぎるけども、裏表は一切ない人物です。高橋一生が「できる変人」を怪演しているので、必見。


町が人を作る

 沼越さん、モデルルームを見ている時に、気になっていたのがキッチンにあるトマト缶。広いマンションなのに、そこ? まだまだ視野が狭い。勉強して再度やってきたときには、材質を細かくチェック。すごい、けどそこだけじゃない。

 けれども、住む家を選ぶ視野って、みんなそんなに身についているわけじゃあない。ここからがスタート。家を探すこと、お金を貯めること自体が、成長。

「人が町を作るのではなく、町が人を作る」

 オープニングで伊達さんが述べるこの言葉の意味、まだはっきりとはわかりません。けれども沼越さんだけでなく、みんなが成長していく様子が描かれそうです。

 ぼくは「東京砂漠」を風呂で熱唱し、飲みに行くのは基本1人、という要さんがステキすぎて、ニヤニヤしています。いいよね東京砂漠。




漫画 第1話

11月2日更新:掲載期間が終了しました


(C)池辺葵/やわらかスピリッツ/小学館

たまごまご


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「首都圏外郭放水路」の取材をレポートする

東大ラノベ作家の悲劇ーーティッシュ配りの面接に行ったら全身入れ墨の人がきて、「前科ついても大丈夫だから」→結果:<後編>


» 続きを読む
» 過去のまんが一覧

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー