ニュース
» 2016年10月26日 16時49分 UPDATE

うおっまぶしっ 炒り玉子すら作れる高出力懐中電灯の過剰照射力と熱量を見よ

夜道の散歩にはオーバースペックながら、アウトドアライフには有用。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 香港企業が販売している懐中電灯「FlashTorch Mini」が、輝度2300ルーメンと過剰に明るくてヤバイです。数値だけではピンとこないかもしれませんが、どれぐらいヤバイかというと火が起こせます。ヤバイ。


着火 紙に押し当てたら燃えた!

 高出力レーザー製品を手掛ける、Wicked Lasersが開発したガチのライト。光源のハロゲンランプと耐熱レンズの組み合わせで、暗闇を昼間のように照らします。


明るさ実演 通常の製品との比較。周囲全体が明るくなって、近所迷惑になりそうなレベル

 明るさもさることながら、光源が生み出す熱量も猛烈。紙に着火できるほか、コンロ代わりに調理器具へ当てるとスクランブルエッグまで作れます。一見危険そうですが、出力は3段階に調節でき安全装置も搭載。アウトドアライフで威力を発揮しそうです。


フィルム ビニールフィルムを溶かせる

調理 簡易的なコンロとしても使える

 光源寿命は最長約1000時間。内蔵の充電式リチウムイオン電池で、30〜100分稼働します。価格は199ドル(約2万円)で、海外発送も受け付けています。


FlashTorch Mini FlashTorch Mini(販売サイトより


(沓澤真二)


関連キーワード

懐中電灯 | アウトドア


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの日常―― どうしても定時で帰りたいときに使える技をまとめてみた

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー