ニュース
» 2016年10月26日 18時30分 UPDATE

ハロウィーンにファミコン親子現る! 阿佐谷の仮装大会で注目を集めたお父さんに話を聞いてみた

お父さんが本体で、双子の兄弟がコントローラー。家族みんなの努力の結晶!

[沓澤真二,ねとらぼ]

 2001年から毎年開催されている、阿佐谷パールセンター商店街(東京都杉並区)のハロウィン仮装コンテスト。2016年10月23日の第16回大会に、巨大なファミリーコンピュータ(ファミコン)が登場し注目を集めました。本体とコントローラーを、3人分担で再現するとか凝ってる……!


ファミコン 本体役とコントローラー役で手をつなぎ、ファミコンを表現

カセット ちゃんとカートリッジもささる!

 大会のもようをTwitterに投稿したのはRuiRei Channelさん(@RuiReiChannel)。自身が本体、双子の息子さんがコントローラーに入り、コンテストに参加しました。衣装の製作には奥さんも加わり、4人家族全員で作り上げたそうです。編集部は仮装をやり遂げたお父さんに、詳しい話をうかがいました。

 仮装を思いついたのは、2カ月前のこと。双子の息子がコントローラーになり、家族がつながるイメージを思い浮かべて、題名も「ファミリー“な”コンピュータ」に。それ以来、家族でダンボールを集め、週末を利用して少しずつ製作。実質的な製作期間は2週間くらいだそうです。ちなみに、製作開始後に「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」(関連記事)が発表されたときは即予約。テンションが上がったそうで、作業にも身が入ったかもしれません。


イメージ 最初のイメージスケッチ

ダンボール集め作業風景 家族での共同作業

本体仮コントローラー仮 実機を参考に基礎を組み上げ

 素材はダンボールをメインに、色紙とガムテープで加工。コントローラーのコード部分はタイツに綿を詰めて再現し、十字キー部分は、顔を隠しつつ前が見えるように、ストッキングを貼ったとのこと。


コード製作 綿を使ったコード製作

仮組み仮組み 仮組みの段階で着用状態をチェック。十字キーは実機の刻印と同様の切り込みを入れてのぞき穴を開け、あとからストッキングを貼って目隠しに。本体は排気のスリットがのぞき穴になっている。ナイスアイデア

 製作中は脱ぎ着を簡単にするための調整に苦心。カートリッジのスロットも絶対に再現したくて付けたそうですが、装着後に落ちないようにするのが大変だったようです。


裏側 本体の裏側。補強やら身体に固定するヒモやら、苦心の跡が

カセットカセット 「スーパーマリオブラザーズ」を再現したカートリッジも製作。エントリーのゼッケンも兼ねている

完成
完成 ドレスアップを経て完成。よく見ると、スイッチ類や拡張コネクターの注意書きまで再現されている。

 当日はRuiRei Channelさんが本体に入り、長男のルイさんが1コン、次男のレイさんが2コンを担当。最中は奥さんがカートリッジの着脱や審査員への説明をしたり、RuiRei Channelさんのお父さんが運搬や動画撮影をしてくれたりと、いろいろサポートしてくれたそうです。


本番 親子3代が協力して参加したコンテスト。素晴らしいっ!

 一家がコンテストに参加したのは、実は今年で3回目。2014年はマリオカートの仮装で特別賞、2015年はレゴのキャラクター(フィグ)にふんし、グランプリを受賞した実力者です。今回ファミコンをモチーフにした理由は、既に優勝を経験しているので、今年は入賞を考えずに一番作りたかったものを選んだということです。


マリカー 2014年特別賞の「マリオカート」。親子4人でマリオとルイージに

レゴ 2015年グランプリ受賞の「レゴ親子の行進」。3人が並ぶと、胸のマークが「I LOVE ASAGAYA」になる仕掛けも

 過去2度の受賞に輝いたRuiRei Channelさん。結果発表は10月中とのことですが、今回もクオリティが高く、上位に食い込みそうな予感。なお、コンテストの模様は、自身のYouTubeチャンネルで公開する予定だそうです。


歴代作品 歴代の衣装たち。今後も家族の思い出として積み上がっていってほしい

画像提供:RuiRei Channelさん(@RuiReiChannel


追記:コンテストの結果は……!

 RuiRei Channelさんによると、見事準グランプリに輝いたとのこと。おめでとうございます!




(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの日常―― どうしても定時で帰りたいときに使える技をまとめてみた

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー