ニュース
» 2016年10月27日 09時30分 UPDATE

三笠宮さま ご逝去

昭和天皇の弟で100歳でした。

[ねとらぼ]

 天皇陛下の叔父で昭和天皇の弟である三笠宮さまが亡くなりました。100歳でした。

 三笠宮さまは5月16日から急性肺炎により都内の病院に入院されていました。NHKなどの報道によると治療で症状は改善されましたが、心臓の働きの低下や新たに誤えん性の肺炎を発症するなどして、病室と集中治療室とを行き来されていたそうです。

 三笠宮さまは大正4年(1915年)に大正天皇の四男として誕生されました。戦後は東京大学文学部の研究生となり、歴史研究者の道を選択。2015年12月2日には明治以降の皇族ではじめて紀寿(満100歳)を迎えていました。1月の新年の一般参賀では元気な姿を見せていました。

三笠宮さまご逝去 三笠宮さま100歳に際してのご近影(写真は宮内庁より)

関連キーワード

天皇 | 肺炎 | 昭和 | 研究者


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 中二病って本当に中学2年生で発症するの? 現役中学教師に聞いてみた!(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー