ニュース
» 2016年10月28日 12時15分 UPDATE

萩尾望都「ポーの一族」新シリーズ「春の夢」の続編連載が決定! 2017年1月から開始

「月刊flowers」2016年12月号(10月28日発売)で連載決定が発表されました。

[あいひょん,ねとらぼ]

 萩尾望都先生による名作漫画「ポーの一族」。同作の40年ぶりの新シリーズとなった「春の夢」が掲載された「月刊flowers(フラワーズ)」2016年7月号(5月28日発売)は、雑誌では異例の重版を実施し、急きょ電子版を配信したほどの人気ぶりでした(関連記事)。その「春の夢」の続きが同誌2017年3月号(2017年1月28日発売予定)から連載されることが明らかになりました。

ポーの一族 春の夢 「春の夢」

 「ポーの一族」は、1970年代に「別冊少女コミック」で断続的に連載された漫画作品。少年の姿のまま永遠の時を生きる吸血鬼・エドガーを主人公とした、一連の物語です。40年ぶりの新シリーズ「春の夢」は第二次世界大戦の最中を舞台とし、エドガーと、彼とともに歩むアランがドイツ人の少女と出会うことから始まるエピソードです。

ポーの一族 春の夢 「春の夢」の続編連載決定は「月刊flowers」2016年12月号(10月28日発売)で発表されました


関連キーワード

漫画 | 萩尾望都 | 雑誌


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「はとバス」の取材をレポートする(後編)

東大ラノベ作家の悲劇――新小岩で笑っている自殺警備員をみたら、十五歳で立ちんぼをしていた首が“自主規制”な新宿の少女を思い出した:<後編>


» 続きを読む
» 過去のまんが一覧

ねとらぼがスマホからも見れる!