ニュース
» 2016年10月28日 13時59分 UPDATE

Apple、「Touch Bar」が付いた新MacBook Proを発表 なくなったファンクションキーに賛否の声

使う人は使う「F」キー。

[宮原れい,ねとらぼ]

 Appleは10月28日(日本時間)の製品発表会にて、新型「MacBook Pro」を発表しました。一番の特徴として従来のファンクションキーがなくなり、代わりとして「Touch Bar」という新たな機能が搭載されています。



 キーボードの1番上の列にタッチパネルの帯状ディスプレイが置かれた形で、ここにさまざまなツールやキーなどが表示され、タッチでの操作が可能となっています。また、Mac上で初となる指紋認証センサー「Touch ID」の追加もあり、ログインやApple Pay使用時などに利用可能です。

 「Touch Bar」部分は作業中の内容によって表示されるツールが変わり、またオプションでのカスタマイズもできます。なくなったファンクションキーについては、キーボードの「fn」キーの長押しでファンクションキーセットとして表示できます。


Apple MacBook Pro Touch Bar ファンクションキー 新型 システムコントロールや、色選択、スライドショー、絵文字選択など

 その他、新しい筐体デザインによって13インチMacBook Proは厚さ14.9ミリ、重さは1.37キロ。15インチのMacBook Proは厚さ15.5ミリで重さは1.83キロと、どちらも軽くコンパクトになりつつ、トラックパッドは13インチで46%大型化、15インチでは2倍大型化とこちらはより広くなっているのもポイントです。

 すでにアップルストアでの購入を受け付けていて、ラインアップはTouch BarとTouch IDを搭載した13インチ(17万8800円〜)/15インチ(23万8800円〜)に、非搭載で従来のキーボード仕様の13インチ(14万8800円)の3モデルとなります(価格はすべて税別)。


Apple MacBook Pro Touch Bar ファンクションキー 新型 非搭載の13インチはCPU等のスペックも違っています

 ネット上では新機能のTouch Barに対して便利そうといった声がある一方、物理キーとしてのファンクションキーがなくなってしまうことにデメリットを感じる人も少なくないようで、「普通に使うんだけどなあ」「いやそれはおかしい」との声も。逆にその未知数の実用性に「音ゲーな人たちが Touch Barと音ゲーの親和性に気が付き初めてコワイ」という意見が出たり、麻雀ゲームでTouch Bar部分に手牌が表示されるというコラ画像が作られるなど、多様な用途に期待(?)する人も多い様子。

 他には「F」キー以外に「Esc」キーが物理でなくなったのがつらいという声や、USBポートが「Thunderbolt 3」(4基)のみになっている点に不満を持つ声などさまざまな意見が上がっています。












(宮原れい)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの日常―― どうしても定時で帰りたいときに使える技をまとめてみた

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー