ニュース
» 2016年10月28日 16時13分 UPDATE

キュンキュンを超えて、ギュンギュン! 河原和音の王道ラブストーリー「先生!」が生田斗真×広瀬すずで実写化

生田、久々に恋愛映画やるってよ。

[まっつ,ねとらぼ]

 1996年から2003年まで「別冊マーガレット」(集英社)で連載された漫画「先生!」が、生田斗真×広瀬すず主演で実写映画化されることが決定しました。2017年秋全国公開予定です。

先生! あの青春をもう一度

 著者の河原和音さんは実写映画化された「俺物語!!」の原作や「青空エール」などで知られる人気少女漫画家。生真面目だけど根は優しい教師・伊藤貢作と、伊藤のことをいちずに思う女子高生・島田響の恋愛模様を描いた「先生!」は、累計発行部数570万部の王道ラブストーリーです。

 伊藤貢作を演じるのは、「人間失格」「僕等がいた」などの主演でも知られる生田斗真さん、恋愛初心者の島田響は、「ちはやふる」「四月は君の嘘」などでメインヒロインを演じる広瀬すずさんをキャスティング。2人は初共演となります。

 監督には「陽だまりの彼女」や「ホットロード」「アオハライド」などで近年ヒットを飛ばした三木孝浩さん、脚本は「あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。」「心が叫びたがってるんだ。」などで話題となった岡田麿里さんが担当します。

先生! 1巻の発売から約20年(画像はAmazon.co.jpより)

 実写映画化に当たり、主演の生田さんと広瀬さんはそれぞれ、「生田、久々に恋愛映画やるってよ。キュンキュンを超えて、ギュンギュンする映画を作ります」「伊藤先生への気持ちを大切に、先生の事を大好きになりたいと思います」などとコメント。三木監督と岡田さん、原作の河原さんからのコメントも寄せられています。

生田斗真さんコメント

映画『先生!』で世界史の先生 伊藤貢作役をさせて頂く事になりました。

三木監督作品は、『僕等がいた』以来二度目の出演になります。

久しぶりに王道ラブストーリー作品に呼んで頂きました。

三木監督の描く、青春時代の一瞬の煌めき、キラキラと輝く眩しい世界観の中で、

大人の男を精一杯演じたいと思っています。

脚本の岡田麿里さんは以前から御一緒してみたい方でした。岡田さんが書いて下さる、繊細で心が温かくなる言葉の数々に、丁寧に息を吹き込みたいです。

広瀬すずさんとは初めての共演です。

映画に対して、お芝居に対して、とても誠実な広瀬さんと御一緒出来る事、

今から本当に楽しみにしています。

生田、久々に恋愛映画やるってよ。

キュンキュンを超えて、ギュンギュンする映画を作ります。

皆様、是非、完成を楽しみにしていて下さい。

広瀬すずさんコメント

私自身、ここまで王道なラブストーリーの作品は初めてなので

どんな世界でどんな感情に出会うのかな、と思うと、ただただ楽しみです。

少し恥ずかしい気持ちもありますが、伊藤先生への気持ちを大切に、

先生の事を大好きになりたいと思います。

少しでも、響の切ない心、嬉しい心をたくさん感じれるように頑張りたいと思います。

楽しみに待っていただけたら嬉しいです。

監督 三木孝浩さんコメント

生田くんとまたラブストーリーをやろうねと約束してから早5年。

再びタッグを組めることを本当に嬉しく思います!

年齢を重ねた今だからこそ演じることのできる生田斗真の「伊藤先生」。

そして今10代で最も眩しい輝きの中にいる女優広瀬すずが演じる「島田響」。

この二人が、どんな風に奮え、想いを響かせ合うのか。

現場での二人の化学反応が本当に楽しみで仕方がありません。

原作の、やわらかくて、切なくて、胸をくすぐる空気感を

素敵なキャストスタッフとともに繊細に描きたいと思います。

脚本家 岡田麿里さんコメント

河原先生の瑞々しくも繊細な恋愛作品群には、切なさに胸がきゅうとなったり、

興奮のあまり身悶えしたりする瞬間をたくさんいただいてきました。

『先生!』の実写化に脚本として参加させていただくことになり、

その時に感じた気持ちをめいっぱい表現できたらと思っています。

原作・河原和音さんコメント

自分にとっても懐かしい作品です。若い読者の皆さんだと、お母さんが知ってるかも!

どんな映画になるか楽しみです。内容は、年の差先生ラブなのですが、

きっと素敵な映画になると思うので観てほしいです

(c)河原和音/集英社 (c)2017 映画「先生!」製作委員会

関連キーワード

実写 | 広瀬すず | 原作 | 集英社 | 少女漫画


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「首都圏外郭放水路」の取材をレポートする

東大ラノベ作家の悲劇ーーティッシュ配りの面接に行ったら全身入れ墨の人がきて、「前科ついても大丈夫だから」→結果:<後編>


» 続きを読む
» 過去のまんが一覧

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー