ニュース
» 2016年10月28日 16時49分 UPDATE

桜玉吉のコミックエッセイ「日々我人間」が単行本に 漫画喫茶生活を経て伊豆の山荘へ 3年間の生活描く

連載開始当初は「なぜ文春で!?」と話題に。

[ねとらぼ]

 桜玉吉のコミックエッセイ「日々我人間」が文藝春秋より、11月28日に発売されることが決定しました。

※当初25日発売と書いていましたが、28日に変更になりました

桜玉吉「日々我人間」発売決定 「日々我人間」表紙

 「日々我人間」は2013年8月に週刊文春でスタート。一部でカルト的人気を誇る桜玉吉の新連載、しかもなぜ週刊文春――!? と、当時はネットでも驚く声が多く見られました。中には「はじめて週刊文春を買った」という声も。

 漫画は基本的に、作者の周辺に起こったことを描くいつもの「玉吉スタイル」。当初は「ほぼ隔週」での連載と銘打っていましたが、ほどなく毎週掲載に変更。連載開始から3年間、一度も原稿を落とさなかったことも驚きのポイントの1つです。

 単行本の前半では、東京の漫画喫茶で暮らす様子を描く「東京・満喫編」、後半では伊豆の山荘へと生活の場を移した「伊豆編」がそれぞれ収録されています。「日々我人間」は152ページ、定価900円(税別)で発売予定。


桜玉吉さんコメント
「もう三年たちましたか。単行本、買っていただけるととても助かります。」



東京・満喫編

桜玉吉「日々我人間」発売決定

桜玉吉「日々我人間」発売決定


伊豆編

桜玉吉「日々我人間」発売決定

桜玉吉「日々我人間」発売決定


(c)桜玉吉/文藝春秋


関連キーワード

文藝春秋 | 漫画 | 漫画喫茶


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 中二病って本当に中学2年生で発症するの? 現役中学教師に聞いてみた!(後編)

東大ラノベ作家の悲劇――鏡征爾:私は“奇跡”をタイプした――それが本当の地獄の始まりだと誰が気付くだろう?


» 続きを読む
» 過去のまんが一覧

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー