ニュース
» 2016年10月30日 09時30分 UPDATE

ニキシー管に惹かれ、独学で製法を会得した男性がすごい 「もうメーカーにはないと知り、自分で作ろうと思った」

機材と環境を確保するため、最終的には地元の城へ工房を移転したとのこと。

[今藤祐馬,ねとらぼ]

 独学でニキシー管の製法を会得し、製作した男性がYouTubeにその様子を投稿しています。「2011年にニキシー管を知って、その『美術品』がもうメーカーにはないことを知り、それなら自分で作ろうと思った」と動画冒頭で語る投稿者。



ニキシー管メーカーあらわる 無学の状態から機材や技術を自分で会得していきます

ニキシー管メーカーあらわるニキシー管メーカーあらわる 工房を物置→自分で建てた小屋→城と移転していく心意気

 動画の冒頭は、それまでの投稿者の活動史となっています。はじめは無学で機材もない状態でしたが、ガスバーナーや電熱器、偏光器といった製作に必要な機材を揃えていき、それに合わせて工房も物置から小屋、さらには城の一角へと移転したそうです。ニキシー管への情熱が生んだ行動力ですね。


ニキシー管メーカーあらわるニキシー管メーカーあらわる 加工用のジグやパーツも自作のようです

ニキシー管メーカーあらわるニキシー管メーカーあらわる 管の中と外を繋ぐ接続部も、きっちり接合されていなければ使えません。肉眼では見えないすき間を偏光器で発見します

ニキシー管メーカーあらわるニキシー管メーカーあらわる 管と内部は別のパーツとして作り、後から溶接していました

ニキシー管メーカーあらわる 基盤に接続するパーツをはめ込んで接着したら完成

ニキシー管メーカーあらわる 文字も古くからあるニキシー管をリスペクトしています

 作者であるDalibor Farnyさんのサイトではこのニキシー管を使ったニキシー管時計ニキシー管単体の販売を行っています。時計はケース・基盤・ニキシー管すべてが揃ったセットで約18万円(税・送料込)、ニキシー管が1本1万6000円(税・送料込)。ニキシー管の納期については、4週間ほどを想定しているとのことです。


(今藤祐馬)


関連キーワード

芸術 | 動画 | 動画共有サービス | YouTube


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの日常―― どうしても定時で帰りたいときに使える技をまとめてみた

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー