ニュース
» 2016年10月30日 15時20分 UPDATE

あの「うどんそば自販機」が自宅でも! 自販機と同じ味を再現した「お持ち帰り用うどん」が秋田・道の駅限定発売

給湯の待ち時間なしに、お持ち帰りで楽しめます。 

[大場巧揮,ねとらぼ]

 秋田県にある道の駅あきた港セリオンにて、あの「うどんそば自販機」の「お持ち帰り用うどん」が発売されます。カップやめん、つゆ、天ぷらは自販機と同じものを使用しています。


うどんそば自販機のお持ち帰り用うどん 自販機の味を持ち帰って楽しめる

 うどんそば自販機は、秋田港近くにある船舶向け食料商「佐原商店」に置かれていた昭和レトロなうどんの自動販売機。NHKのドキュメント番組「ドキュメント72時間 秋田・真冬の自販機の前で」に取り上げられたことをきっかけに有名になり、そのレトロさを楽しみに県内外から人が集まる人気スポットになっていました(関連記事)。


うどんそば自販機のお持ち帰り用うどん 自販機と同じく天ぷらも入っています

 佐原商店が2016年年3月に閉店したことに合わせて、うどんそば自販機は近くの道の駅あきた港に移設。現在も長蛇の列ができるほどの人気となっています。



 これまで、うどんそば自販機は給湯のため長時間待つこともありましたが、お持ち帰り用は調理も簡単で、懐かしい味がどこでも楽しめそうです。

 「お持ち帰り用うどん」は11月1日から道の駅あきた港セリオン1階物産館セリオンガーデンで販売される予定です。価格は税込み210円。そばの販売はありません。

関連キーワード

うどん | 自動販売機 | レトロ | 再現 | 昭和


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 中二病って本当に中学2年生で発症するの? 現役中学教師に聞いてみた!(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー