ニュース
» 2016年11月01日 15時21分 UPDATE

マイクロソフトのメガネ型デバイス「HoloLens」が日本でも提供へ 2016年内にプレオーダーを開始

ついに日本にも「複合現実」の未来が。

[宮原れい,ねとらぼ]

 日本マイクロソフトは11月1日、Windows 10を搭載したメガネ型デバイス「HoloLens」(関連記事)を国内の開発者と法人向けに提供することを発表しました。2016年内中にプレオーダーを開始するとしています。


HoloLens マイクロソフト Microsoft メガネ型デバイス ホログラフィックコンピューター 「Microsoft HoloLens」

 PCなどと接続しなくても使用できる自己完結型で、VR(仮想現実)とは違い現実と3Dホログラムを融合し、“Mixed Reality(複合現実)”を実現させるホログラフィックコンピューターマシンになります。

 以前に公開された紹介動画では、ビデオチャットや3DCGモデリング、ほかにもゲームなどさまざまな用途に活用する様子が写っています。コントロールは未来的なジェスチャー操作です。

 詳細は今後順次発表され、価格も現時点では不明ですが、米国での価格は3000ドル(約31万円)となっています。



HoloLens マイクロソフト Microsoft メガネ型デバイス ホログラフィックコンピューター

HoloLens マイクロソフト Microsoft メガネ型デバイス ホログラフィックコンピューター

(宮原れい)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう