ニュース
» 2016年11月01日 15時54分 UPDATE

日本の「山・鉾・屋台行事」ユネスコ無形文化遺産に登録の見通し 博多祇園山笠や祇園祭山鉾など33件

北は青森、南は大分まで、全国さまざまな祭礼行事が対象です。

[今藤祐馬,ねとらぼ]

 日本各地で行われている「山・鉾・屋台行事」がユネスコ無形文化遺産への登録勧告を受けたことが発表されました


ユネスコ遺産登録 外務省の報道発表

 各地域から選出された専門家6人とNGO6団体で構成された評価機関が、無形文化遺産代表一覧表への記載を31日に勧告。11月28日から12月2日までエチオピアで行われる第11回無形文化遺産保護条約政府間委員会で最終決定されます。登録の見通しとなった33件の祭礼行事には、すでに登録されている「京都祇園祭の山鉾行事」と「日立風流物」が含まれており、それらをグループとしてまとめた形での登録となる予定です。


ユネスコ遺産登録 京都観光情報サイトの2016年祇園祭の様子


33件の国指定重要無形民俗文化財

(今藤祐馬)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう