ニュース
» 2016年11月01日 19時54分 UPDATE

「欅坂46」所属会社、「衣装がナチスの軍服に似ている」との抗議受け謝罪

ユダヤ系人権団体がプロデューサーの秋元康氏などに謝罪を求めていた。

[ねとらぼ]

 アイドルグループ「欅坂46」の衣装がナチス・ドイツの軍服に似ているとして、ユダヤ系人権団体が批判していた件で、欅坂46側が11月1日に謝罪文を発表した。

 当該の衣装は10月22日のハロウィーンイベントで着用していたもの。ユダヤ系人権団体サイモン・ウィーゼンタール・センターは31日、不快感を表明し、プロデューサーの秋元康氏とソニーミュージックに謝罪を求めていた

 欅坂46が所属するSeed & Flowerは、「私どもの認識不足により、衣装の色やその他を含む全体のデザインが、そのようなイメージを想起させる部分があり、ご不快な思いをさせてしまったことに対し、心よりお詫び申し上げます」と謝罪。当該の衣装は今後一切着用しないとしている。

 秋元氏は、「ニュースで知りました。ありえない衣装でした」とコメント。事前報告がなく、チェックもできなかったとしている。「スタッフもナチスを想起させるものを作った訳ではないと思いますが、プロデューサーとして、監督不行き届きだったと思っております。大変申し訳なく思っています」と謝罪した。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう