ニュース
» 2016年11月01日 21時30分 UPDATE

おうし座流星群、11月6日に出現のピーク 広範囲が晴れ予報で絶好の観測チャンス!

火球クラスの明るい流星に期待。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 11月6日に、おうし座流星群の出現ピークが到来。これに際して、天気情報サービスのウェザーニューズが解説ページを公開しました。北海道太平洋側・東北北部・西日本はよく晴れ、絶好の観測びよりとの予報。東北南部・関東甲信・北陸・山陰地方は雲が多くなり、すきまを狙っての観測になりそうだということです。


予報 当夜の天気予報

 流星群の放射点があるおうし座は、東の夜空に昇ります。流れる数は1時間に数個程度ですが、速度がゆっくりなため火球クラスの明るい流星が期待できるとのこと。なお、当日は月が細く夜遅くには沈むため、月明かりで流星がかすむ心配はなさそうです。

 おうし座流星群の場合、放射点が「南群」と「北群」の2つあり、6日は前者のピーク。13日には北群のピークが訪れます。また、ピーク時の流星出現数はなだらかに増加するため、ピーク日以外でも観測チャンスはあるそうです。


星図 形を認識しやすい、オリオン座を目印に探すとよさそう

 ウェザーニューズは11月6日23〜25時に、国内3カ所からの観測をネットで生中継。同社の解説ページYouTube LiveLINE LIVEFRESH! by AbemaTVなどで配信されます。


生中継 ニコニコ生放送やFaceBookライブ動画でも配信予定


(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう