ニュース
» 2016年11月01日 21時10分 UPDATE

大分・アフリカンサファリのモフモフコンビ 仔トラと仔ライオンにお別れの時が来た

これからはそれぞれの仲間と一緒に暮らします。

[神奈川はな,ねとらぼ]

 仔トラと仔ライオンの仲よしな様子を伝えてくれていた「九州自然動物公園 アフリカンサファリ(大分県宇佐市)」の公式Twitter(@africansafari1)から、2頭一緒の公開は10月31日で終了したというお知らせがありました。


アフリカンサファリ モフモフコンビにお別れの時が来ました

 アフリカンサファリのツイートに仔トラと仔ライオンのモフモフコンビが登場したのは8月のこと。くっついてお昼寝をしたりじゃれあったり、まだ赤ちゃんぽい様子を見せていました(関連記事)。

アフリカンサファリ 「背中あったかいねー」
アフリカンサファリ 「寝ちゃったのー?」

 9月に入っても仲良しなのは相変わらず。くっついたりペロペロしたりする姿を見せていました。また、仔トラのしっかりした声や仔ライオンのかわいらしい声を聞ける動画も公開されました。

アフリカンサファリ 「外でも一緒だよー」
アフリカンサファリ 「ペロペロ気持ちいー」

 だいぶ大人びてきた2頭は10月になっても相変わらずイチャイチャ。別れの時が近づいているのを気づいているのかいないのか、気になるところです。


アフリカンサファリ 「いっぱい遊ぶよー」
アフリカンサファリ 「忘れないでねー」


 いつかまた交流する機会はあるのでしょうか? 同園の担当者に尋ねたところ、返答は「今後会うことはないです。ライオンはライオン、トラはトラで生きていきます」。

 いずれ別々の道を歩むことは分かっていましたが、もうこのツーショットが見られないと思うとさみしいですね。とはいえ、これも成長の証。トラもライオンもそれぞれの仲間の中で元気に暮らしていってほしいです。


画像提供:アフリカンサファリ



Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼ生物部に「いいね!」しよう