ニュース
» 2016年11月02日 14時41分 UPDATE

「結婚したくない」若者、全体の2割超す 主要因は「経済的困難」と「1人が楽」

小学生まで「人間的なふれあい」の経験が多い人ほど、既婚者が多いとのデータも。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 「若者の結婚観・子育て観等に関する調査」を、独立行政法人の国立青少年教育振興機構が発表しました。「結婚したくない」とする未婚者は全体で20.3%。その傾向は特に男性に強く、女性の場合は早婚を望む人と結婚したくない人が増加し、二分化しているといったデータが示されています。


結婚願望 男性のほうが結婚願望は低い

 2015年12月に実施された、全国の20〜30代男女4000人を対象としたWebアンケートの結果。結婚願望については、2008年度の調査結果とも比較されています。その結果、結婚したくない男性の割合は7年間で約2倍に増加していることが分かりました。


比較 20代が対象だった2008年度の調査と同軸で比較するため、2015年度の数値は前述のものと異なっている

 交際相手のいる人が結婚していない理由としては、「経済的に難しい」が63.8%と最高。なお、年収別での統計では、300万円以上を境にその傾向は弱まっています。


未婚の理由 「仕事が忙しい」「交際期間が短い」といった理由も多い

年収との関係 当然のことながら、年収が高くなるにつれて、経済面を未婚の理由に挙げる人は減っている

 経済面に次ぐ理由は、約50%の「1人が楽である」。この回答は30代前半以降と、高所得者に多く見られ、当てはまる人ほど子育て願望も低いとのデータも出ています。


年代との関係 「1人が楽」とする人は、30代前半に最も多い

年収との関係 所得が多く余裕があると、1人で生きていくほうが楽と考えやすいのかもしれない

 成人するまでの経験と、結婚観との関連性に関する分析も。その結果、小学生までの自然体験や地域活動など、人間的なふれあいと関連する体験が多いほど、結婚している割合と結婚願望が高くなることが示されました。また、中高生時に異性とのコミュニケーションを面倒に思っていた人ほど、現在は結婚願望が低いようです。


幼少期との関連性
幼少期との関連性 小学生までの体験が多いほど既婚者が多く、結婚願望も高い

中学生時の交際 中学生時に「異性関係は面倒」と考えていた人は、飛び抜けて結婚願望が低い。高校生時についても、同じ傾向がみられた

 ほかにも、家族観において「生きがい」を重視する人や、近所づきあいをしている人ほど、結婚や子育てに前向きといった結果が出ています。今回の調査は、少子化対策や青少年教育のための、基礎データとして用いられるとのことです。


(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 中二病って本当に中学2年生で発症するの? 現役中学教師に聞いてみた!(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー