ニュース
» 2016年11月02日 16時17分 UPDATE

カオスすぎて理解が追いつかない ジャスミン茶、コーヒーなどをドリップして「カレーメシ」に注ぐ店舗がオープン

日清食品さん、何考えてるんですか。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 日清食品が、コーヒー器具で作った「カレーメシ」を提供する「DRIP CURRYMESHI TOKYO」をJR渋谷駅にオープンしました。ジャスミン茶やアップル紅茶などをドリップして、同商品に注いでくれます。日清食品ホールディングスの調べによれば、カレーショップとしては世界初の形態だそうですよ。そりゃ、そうだろうよ!


画像


画像画像 コーヒーショップのように見えますが、「カレーメシ」を作っています

 ビーフ、シーフード、スパイシーチキンと全3種の「カレーメシ」に、さまざまな食材をドリップしたお湯を注いで提供。唐辛子、かつお節、ガーリックといった無難そうなものも用意されていますが、ジャスミン茶、アップル紅茶、コーヒーあたりは注文するのに勇気がいるかも。価格はすべて290円(税込)。

 オープンに合わせて「DRIP CURRYMESHI TOKYO」の公式Webサイトを開設。何気ない人物写真に「いくつになっても、カルチャーを感じていたい」「ていねいな幸せを ていねいに味わって ていねいに生きたい」などのフレーズを添え、意識の高い雰囲気を出そうとしています。しかし、顔面には「カレーメシ」とあしらわれた金色のお面を着用。何から何までカオスなんですが、どこを目指してるんですか、日清食品さん。


画像 メニュー一覧。シーフード×アップル紅茶ってどんな味なんだろう……


画像画像 オシャレさがボケにしか見えない公式Webサイト

マッハ・キショ松

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう