ニュース
» 2016年11月03日 09時00分 UPDATE

削るとお花が咲く鉛筆 日本の伝統的な色と形がはんなり気分にしてくれそう

取っておきたくなっちゃう削りかす。

[k村,ねとらぼ]

 デザイナーとコラボした商品開発を行うTRINUS(トリナス)は、日本を代表する「花のかたち」と「花の色」を持ち、削りかすが花びらになるユニークな「花色鉛筆」の予約販売を11月6日から開始します。

 「花色鉛筆」は、その断面が日本を代表する草花のかたちになっている鉛筆。デザインは桜(さくら)、紅梅(こうばい)、蒲公英(たんぽぽ)、常磐(ときわ)、桔梗(ききょう)の5種類があり、草花の素朴でかわいらしいフォルムと、その形状により持ちやすく滑りにくい機能性を兼ね備えています。


花鉛筆

花鉛筆 全部で5種類

 芯の周りの軸部分には、廃棄古紙を原料にした環境に優しい日本生まれの新素材を活用。デザイン性の高さだけでなく、独特の柔らかい色合いと削りやすさを両立しています。鉛筆の芯には国産の上質な色芯が使用されており、心地よい書き味が楽しめます。


花鉛筆 やさしい桜色

 断面が草花のかたちになっているため、削るとまるで本物の花びらのような削りかすが生まれるのも大きな特徴。押し花のように削りかすを取っておきたくなるかわいらしさです。


花鉛筆 花びらが生まれていくみたい

花鉛筆 捨てる際は、従来どおり可燃ごみでOK

 「花色鉛筆」は、5本1セットで価格は1800円。塗り絵が楽しめるポストカードは5枚入り1セットで800円、メッセージカードは5枚入り1セットで1000円となっています。11月6日より、TRINUS(トリナス)のホームページにて予約販売が開始される予定です。


花鉛筆 写真左がメッセージカード、写真右がポストカード



※価格は全て税別

関連キーワード

日本 | | デザイン | 塗り絵


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう