ニュース
» 2016年11月03日 22時00分 UPDATE

空中に絵を描ける3Dペン「3Doodler」に子ども向けモデル登場 素材が低温で溶けるので安全

従来製品とは異なるコードレス仕様。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 溶かした樹脂を押し出して立体的な絵を描ける3Dペン「3Doodler」(スリードゥードゥラー)。11月2日より、新たに子ども向けモデル「3Doodler Start」が発売されました。


3Dペン 子どもの小さな手でも握りやすい形状に

作品例
作品例 作例

 従来製品は製作時に樹脂を高温で溶かすためペン先の温度は190〜230度にも及び、子どもが1人で使うには危険なものでした。しかし、新モデルは低温でも溶けるバイオプラスチック樹脂が採用されているため、ペン先は熱くなりません。さらに、樹脂は誤って口に含んでも無害と、安全に使用できます。

 小さな手でも扱えるよう、形状やスイッチの大きさにも配慮して設計。電源も充電式バッテリーとなり、コードを気にせずのびのびと作品作りができます。


イメージ

 価格は樹脂2パックとガイドブックが付いた「レギュラーセット」が6450円。付属の樹脂が8パックで、テンプレートのブロックも8個付く「スーパーメガセット」が1万3000円。樹脂単体は各色730円(グローインザダークのみ900円)で販売(全て税別)。公式サイトで注文を受け付けています。


(沓澤真二)


関連キーワード

3D | ペン | 子供 | 安全


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう