ニュース
» 2016年11月04日 16時19分 UPDATE

東京メトロでホームドア設置計画が前倒しへ 事故のあった九段下駅・青山一丁目駅は優先設置

銀座線は2018年度上期、東西線・半蔵門線は2019年度末の設置完了を目指します。

[ねとらぼ]

 東京メトロは、転落事故や接触事故の対策として全駅での設置を進めていたホームドアについて、一部の駅での設置工程を前倒しすることを決定した。


ホームドア 当初の設置計画と見直し後の設置計画

 当初の計画としては銀座線では2018年度、東西線(優先駅6駅)では2020年度、半蔵門線(優先駅7駅)では2020年度の設置完了を予定していたが、今回の見直しにより銀座線は2018年度上期、東西線・半蔵門線は2019年度末での設置完了を目指す。また、銀座線では設置開始時期も前倒しする。

 東京メトロでは、4月に九段下駅でベビーカーを引きずる事故が発生した他、8月に青山一丁目駅で視覚障害者の50代男性が電車にひかれ死亡する事故が発生。この両駅では優先してホームドアの設置が行われる。


ホームドア 一部路線ではすでに全駅設置済み

関連キーワード

銀座 | 東京 | 東京メトロ | 電車


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう