ニュース
» 2016年11月04日 18時00分 UPDATE

「衝撃のオチ」で話題になった小林市が新たなPR動画を公開 地元高校生が考えたラストがプロ顔負け

約半年間ワークショップを受けた地元高校生たちが考えた企画を映像化。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 フランス語にしか聞こえないナレーションが、本当は日本語の方言だったというオチのPR動画で、2015年に話題を集めた宮崎県小林市(関連記事)。今度は、地元の高校生が企画を担当した動画「サバイバル下校」を公開しました。

 その道のプロではない高校生とはいえ、5カ月に及ぶワークショップ、7チームに分かれたコンペ形式での審査を経験しており、内容は見事なもの。最後まで見ないと分からない展開になっています。

 動画は、主人公の女子高生がひたすら小林市の大人たちから逃げる内容。塀などに身を隠して街を抜けると、川や森に潜みながら移動を続けます。仲間の高校生たちは腕を使ったサインで連絡を取り合ったり、フェイスペイントで環境に溶けこんだりと、まるで戦場のような動きを見せています。

 しかし、女子高生は自宅付近まで着いたところで、エプロン姿の中年女性に発見されてしまいます。凍りついた笑顔で「どうも」と声を掛けると……。


画像 必死に大人たちから逃げ続けます


画像画像 声を発さず、サインで会話


画像 服装やフェイスペイントで隠れる仲間の姿も


画像


画像 女子高生は川や森を越え、下校しますが……


画像 ついに発見されてしまいます

 いったいどうなるのかと思いきや、始まったのは長時間にわたる立ち話。日が沈んでもまったく終わる気配がなく、画面には「一度捕まったら、逃げられない。」というフレーズが。住民がフレンドリーであることを、ホラーチックに表現しているわけですね。


画像 楽しそうな立ち話がスタート


画像 長すぎるよ!


画像 いくらなんでも住民がフレンドリーすぎるだろ!

 実際にPR動画に採用されたのは「サバイバル下校」のみですが、特設サイトにはその他のコンペ作品も。音声を当てたアニメーションとして公開されており、こちらも秀作ぞろいです。

マッハ・キショ松

関連キーワード

高校 | 動画 | サバイバル | ワークショップ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 明らかに燃えそうなことを何でSNSに投稿しちゃうの? 経験者に聞くネット炎上の理由と怖さ(後編)

日めくりまんが「成功と失敗」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー