ニュース
» 2016年11月05日 05時00分 UPDATE

佐野史郎が最強最悪の敵「Dr.パックマン」に! 冬の新作「仮面ライダー」映画、予告編公開

演じるのは人類への復讐を誓うマッドサイエンティスト。佐野さんの怪演に期待!

[沓澤真二,ねとらぼ]

 俳優の佐野史郎さんが、12月10日公開の映画「仮面ライダー平成ジェネレーションズ Dr.パックマン対エグゼイド&ゴーストwithレジェンドライダー」に出演することが、新たに公開された予告編で明らかになりました。演じるのは最強最悪の敵「Dr.パックマン」こと財前美智彦。マッドサイエンティスト役を狂気的演技の得意な佐野さんにまかせるとは、ドンピシャ配役の予感。


財前美智彦Drパックマン 佐野さんがまがまがしいマスクをかぶり、Dr.パックマンに

 財前は遺伝子医療の権威で、ある革新的なプロジェクトを進めながらも闇に葬られた経歴の持ち主。プロジェクトを再開すべく「Dr.パックマン」となり、「パックマンウイルス」を拡散して人類へ復讐します。「Dr.パックマン」が邪悪な「ゲノムス」となった姿も公開されており、佐野さんの貴重な「変身」が見られそうです。


ゲノムス さらに「ゲノムス」へ変身!

 大森敬仁プロデューサーは、「最強であり最悪であるドクターの存在感を求めて」佐野さんにオファー。「命を左右する存在であるドクターのゆがんだ内面を絶妙に表現していただいています」とコメントしています。

 シリーズ初出演となった佐野さんは、「マッドサイエンティスト財前役は演じていて俳優冥利に尽きました」と喜びのコメント。「劇中、『あのときの高校生が仮面ライダーになるとはな』というせりふがあるのですが、私が高校生のときに仮面ライダー1号が登場したときのことが思い出され、『あのときの高校生が仮面ライダーに出るとはな』という自分へのメッセージでもありました」と、「仮面ライダー」への思いを語っています。

(C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映 (C) BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「はとバス」の取材をレポートする(後編)

東大ラノベ作家の悲劇――新小岩で笑っている自殺警備員をみたら、十五歳で立ちんぼをしていた首が“自主規制”な新宿の少女を思い出した:<後編>


» 続きを読む
» 過去のまんが一覧

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー