ニュース
» 2016年11月05日 10時16分 UPDATE

サムスン、アメリカで洗濯機をリコール 消費者から「破裂」報告

34モデル約280万台が対象。

[ねとらぼ]

 サムスンはアメリカで、CPSC(米国消費者製品安全委員会)と協力して洗濯機をリコールすると発表しました。同社の洗濯機が破裂したとする報告が消費者から寄せられていました(関連記事)。

対象製品の例

 対象は2011年3月から2016年11月に販売されたもの34モデル約280万台。高速回転の際に洗濯機内のドラムがバランスを崩し、過度の振動を引き起こして本体上部が分離する危険性があるとのこと。同社は過度の振動や上部の分離について733件の報告を受けており、ケガの報告も9件あったとしています。

対象製品の確認方法

 対象の洗濯機の所有者は無料の修理、新しい洗濯機に買い替えるためのリベート、全額返金のいずれかを選べます。

YouTubeに投稿された壊れた洗濯機

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう