ニュース
» 2016年11月07日 09時50分 UPDATE

東京デザインウィークで展示物が炎上 5歳男児が死亡

主催者「痛恨の極み」とコメント。

[ねとらぼ]

 明治神宮外苑(東京都新宿区)で行われていたイベント「東京デザインウィーク 2016」で6日、展示物から出火があり、5歳の男児が死亡する事故が発生した。

画像 東京デザインウィークのサイト

 燃えた展示物は日本工業大学の学生が作成した木製ジャングルジム。全体におがくずを積み、ライトで照らすデザインだった。事故原因は、警察・消防が調査しており、事実関係が分かり次第、発表される予定。

画像 日本工業大学のサイト

 現在、同イベントと日本工業大学はWebサイトのトップページにおわび文を掲載。「この様な事故が起きてしまった事は痛恨の極み」(主催者代表:川崎健二氏)「大学として誠心誠意の対応をさせていただく」(成田健一学長)とコメントしている。今回の事故を受けて、最終日となる7日の開催は中止となった。



Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう