ニュース
» 2016年11月07日 15時41分 UPDATE

NHKスペシャルで宮崎駿 初のCGアニメ「毛虫のボロ」制作現場を2年間独占取材

長編アニメからの引退を発表しているものの、まだまだ現役。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 スタジオジブリのアニメ映画監督として知られる宮崎駿さんが、初のCG短編アニメ制作に取り組む姿を追ったNHKスペシャル「終わらない人 宮崎駿」が、11月13日午後9時からNHK総合で放送されます


画像

 宮崎さんは現在75歳。「風立ちぬ」が劇場公開された2013年に、アニメ映画の世界から引退することを発表しましたが、その創造への意欲は実は衰えていなかったようです。

 同番組では若手アニメーターから刺激を受けて本格的に使うようになったというCGを駆使した短編アニメ「毛虫のボロ」の制作の舞台裏を2年間にわたって独占取材しています。

 「毛虫のボロ」は「もののけ姫」(1997年公開)と同時期に長編アニメ映画として企画されたものの、実現しなかった作品。スタジオジブリによると、短編として練り直し、2015年6月から制作準備を行っており、完成後は三鷹の森ジブリ美術館(東京都三鷹市)にて、公開される予定です。


画像 三鷹の森ジブリ美術館にて上映されている短編アニメ。「毛虫のボロ」は10作目になる予定

宮崎駿さんの「崎」は正しくは異体字。機種依存文字のため代用しています

マッハ・キショ松

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう