ニュース
» 2016年11月08日 18時37分 UPDATE

インコがナスカの地上絵状態に!? ストーブを全力で堪能した結果アートの領域に

一緒にゴロゴロしたい。

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 11月に入り寒さが身に染みる季節となってまいりましたが、そんな中アキクサインコのティーちゃん(オス・9歳)のあまりに見事なストーブ堪能ぶりがTwitterで話題となっています。

ナスカの地上絵状態のインコ バサーッ もはや芸術

 電気ストーブの前で陣取り、バサーッと羽を伸ばしたティーちゃんの姿はまるでナスカの地上絵。広げられた翼の横幅はストーブに匹敵するほどのサイズです。飼い主の鴉椛@ペット's(@akaba_211if)さんによればストーブの横幅は32センチとのことで、写真からもその雄大さがありありと伝わってきます。

ナスカの地上絵状態のインコ ティー「バサーッッ!」 マカ「……」

ナスカの地上絵状態のインコ ティー「あ、すいません(ササッ)」

 ティーちゃんはよほど地上絵ポーズが気に入ったのか、近くで食事をする他のインコがいてもついバサーッとくつろいでしまうご様子。食事を邪魔された隣のマカちゃんから不満気な視線を送られ、「あ、すいません」と翼を引っ込めるしぐさに、眺めているこちらまでほっこりあたたまってきます。

ナスカの地上絵状態のインコ ちゃっかりマカちゃんも

画像提供:@akaba_211ifさん


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼ生物部に「いいね!」しよう