ニュース
» 2016年11月09日 16時13分 UPDATE

東証マザーズ指数先物取引で取引停止 米大統領選を受け金融市場の混乱続く

政治経済での先行き不安から、金融市場が不安定になっています。

[ねとらぼ]

 東証マザーズ指数先物取引の全限月取引が、サーキットブレイカー発動のため取引停止となりました



 サーキットブレイカーは過剰な値動きが発生した場合に強制的に売買を停止する制度のこと。現在の金融市場は、アメリカでの大統領選でトランプ氏が優勢となり、政治経済の先行き不安から大きく乱れたものとみられます。

 財務省では金融市場の安定に向けた緊急会合を行うという報道も。株式市場では、日経平均株価が1000円超の下落を記録するなど混乱が広がっています。



関連キーワード

金融 | 東証マザーズ | 先物取引


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう