ニュース
» 2016年11月09日 16時32分 UPDATE

GoPro用ドローン「Karma」、運転中にバッテリーが切れる不具合でリコールに

一部の製品で不具合が発覚。正常動作するものも含め、すべて回収のうえ全額返金で対応するとのこと。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 ドローン「Karma」の一部に、運転中にバッテリーが切れる不具合が認められたとして、GoProがリコールを発表した。全購入者から回収し、購入額の全額返金で対応するという。


Karma リコールされたKarma

発表 リコールの詳細

 「Karma」は同社のアクションカメラ「GoPro」を装着し、空撮に利用できるドローン(関連記事)。3軸スタビライザーの採用による安定した撮影や、全システムをバックパックに収納できる携帯性を特長としている。


飛行時 装着したGoProで撮影(画像はPVより)

 発生した問題については、米国消費者製品安全委員会および連邦航空局と連携して調査中。正常に動作していると見られるものについても例外なく、全製品の返却を求めている。カメラ「HERO5」同梱版を購入していた場合でも、パッケージの内容物すべてを返却することになる。

 返却の受付は公式サイトベスト・バイの購入元ごとに異なり、それぞれのサイトか専用のホットラインで手続きを行える。


(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう