ニュース
» 2016年11月09日 19時00分 UPDATE

ベスパに電動のコンセプトモデル登場 2017年後半に製品化を予定

オートバイの展示会「EICMA 2016」に出展。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 イタリアのオートバイメーカー・ピアッジオが、スクーター「Vespa(ベスパ)」を電動化したコンセプトモデルを発表しました。11月10〜13日にミラノで催されるオートバイの展示会「EICMA 2016」で出展されます。


コンセプトモデル コンセプトモデルのイメージ

 最新の電気技術の投入により、本来の敏捷性や操作性と、環境性能をあわせ持った「真のベスパ」と同社は説明。最終バージョンの生産と販売は、2017年後半を予定しています。

 既存の「ベスパ946」をベースとした、真紅のモデルも発表。チャリティーを目的としたもので、売上げの一部はエイズ、結核、マラリア対策基金に寄付されるそうです。


RED チャリティー目的で販売されるVespa(RED)


(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう