ニュース
» 2016年11月09日 18時50分 UPDATE

交通事情で死ぬほどパンが余った北海道のパン屋さん 「おいパン食わねぇか」の呼びかけで大逆転売り切れを果たす

子どもたちもおいで〜。

[たろちん,ねとらぼ]

 お祭りにあわせて大量のパンを作ったところ、交通事情の影響で山ほどパンが余ってしまった――。Twitterでそんな悲痛な叫びをあげた北海道のパン屋さんに、たくさんのお客さんが駆け付けてまさかの完売を達成したエピソードが話題になっています。

 発端となったのは、北海道むかわ町のパン屋さん「むかわ夢風船」で働くパン職人「おいパン食わねぇか」ことスズキさん(@SUZUQN1229)のツイート。この日は日本全国から多くの人が訪れるむかわ町最大級のお祭り「ししゃも祭り」の日で、毎年普段の10倍以上のパンが売れるのだそう。今年もそれを見込んで1000個を超えるパンを用意していましたが、雪と事故の影響で高速道路が通行止めになってしまい「全然お客さんが来ません!」「助けてください!」と必死の呼びかけを行いました。パンの製造数を決めた担当者がめちゃくちゃ落ち込んでいる写真から漂う哀愁がすごい……。

おいパン食わねぇか すごい量

おいパン食わねぇか 同僚のヘコみっぷりがヤバイ

 パン生地は一度発酵させるとあとは焼くしかないため、大量のパンの在庫が次々に積みあがっていく写真も投稿。アカウント名にした「おいパン食わねぇか」のおかしさも手伝ってか、3万5000回以上リツイートされました。ちなみに元ネタは北海道発の人気番組「水曜どうでしょう」で、ディレクターにだまされたせいで用意したパイ生地を何度もダメにしてしまった大泉洋さんがやけくそ気味に言い放った名言「おいパイ食わねぇか」。スズキさんも番組のファンで道民に集ってほしいとの思いからこのフレーズを使ったそうですが、なんとなく状況が絶望的すぎて笑ってしまう感じなどは共通している気もします。

 やはり「行きたいけど北海道は遠すぎる」という声は多かったものの、遠方から訪れる道民などの報告も増えていき、2日間をかけて見事に全てのパンが完売に。最後に1つだけ残ったパン詰め合わせは記念にスズキさん自ら購入したそうです。よかった、廃棄になったパンはなかったんだ……!

おいパン食わねぇか 記念すべきラスト1個は自ら購入

 ネット上の反応では、悲観的な状況を逆手に取ってユニークなツイートをし続けたスズキさんのキャラクターに思わず応援したくなったという人も多かった様子。スズキさんに今回の件について伺うと、「最後の望みをかけて頼ったTwitterで皆さんが助けてくださり、こんなにも温かい、素敵な、奇跡を生むツールでもあるのだな……と。パン職人、スタッフ一同感謝しております!」とコメントしてくれました。

画像提供:@SUZUQN1229さん

たろちん

関連キーワード

Twitter | 北海道 | 誤発注 | 完売・売り切れ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう