ニュース
» 2016年11月13日 17時08分 UPDATE

宮本亜門がキンタロー。をプロデュースするとこうなる 印象深いシーンは「股からピンポン玉をポンポン飛ばすところ」

全体的に気になる舞台だ。

[深戸進路,ねとらぼ]

 お笑いタレントのキンタロー。さんが11月13日、出演する宮本亜門さん演出のミュージカル「プリシラ」で演じる役柄「シンシア」のイメージに近いという写真を、自身のブログで公開しました。えっと、本当にそれで合ってますか……?

キンタロー 宮本亜門 シンシア※この写真はイメージです(画像はキンタロー。さんのブログから)

 キンタロー。さんが出演するのは、ドラァグクイーン(女装をしてダンスや歌などのパフォーマンスを行う男性)3人組の珍道中を描いたオーストラリア映画を、宮本亜門さん演出で舞台化したミュージカル。自身が演じるシンシアについては、「三人組が旅の途中で出会う、少しお疲れ気味……?の主婦」「シンシア役で印象深いのは。。股からピンポン玉をポンポン飛ばす事です」と過去のブログで紹介しています。ま、股からピンポン玉!?

 最新のブログでは、憧れだったという宮本さんから演出指導を受けた感動をつづりながら、「まだシンシアの写真あげていいか分からなかったので自分が持ってるイメージが近い写真を」と1枚の写真を公開。下着に近いような黒の衣装に高めのヒールを履いたキンタロー。さんが、椅子に足を乗せカクテル片手にポーズを決めています。これが“少しお疲れ気味主婦”……?

キンタロー プリシラ ドラァグクイーン姿の陣内孝則さんらとの1枚(画像はキンタロー。さんのブログから)

 思わず疑惑を持ってしまうインパクト大な1枚でしたが、ブログには原作映画を見た事があるというファンから「写真、確かにシンシアのイメージに近いですね(笑)」「天真爛漫で、体は大人でも、中身はまるで子供なんだけど、妖艶で(笑)、そんなシンシアが、私のイメージです」とお墨付きのコメントが。実際の写真はまだ公式サイトなどでも公開されていませんが、これは俄然(がぜん)気になってきた!

 ミュージカル「プリシラ」は2016年12月8〜12月29日、東京の日生劇場で上演されます。


関連キーワード

ブログ | 写真 | 演劇 | お笑い芸人


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう