ニュース
» 2016年11月13日 17時05分 UPDATE

ゴルフ大会中にマングースの群れが乱入 ボールには触れない紳士ぶりを見せつける

過去にはヒヒが乱入しています

[大場巧揮,ねとらぼ]

 一流ゴルファーが参加するゴルフの試合中に、マングースの群れが乱入する出来事がありました。



 マングースが侵入してきたのは南アフリカで開催されたヨーロピアンツアー公認のゴルフ大会「ネッドバンク・ゴルフチャレンジ」第2ラウンドの最中でした。試合中、およそ20匹のマングースが突然コースに乱入。ビクトル・デュビッソン選手のボールをめがけて突進していきます。奇跡的にボールにはぶつからなかったため、プレーに影響はなかったようです。ボールに触れなかったのは、さすが紳士のスポーツといったところでしょうか……。


ゴルフ大会でマングースが乱入 突然の乱入騒動

ヨーロピアンツアーにマングース ボールには触れない紳士のマングース

 会場となったゴルフコース「ゲーリー・プレーヤー・カントリークラブ」は数多くの動物が生息することで有名なピラネスバーグ国立公園の近くに位置しており、2014年の大会ではヒヒが乱入しています。


ゴルフ中にマングース さっそうと退場


 自然豊かなゴルフ場では動物が侵入してしまったことが過去に何度もあるようで、先月マレーシアで開催されたCIMBクラシックでは、6フィート(およそ183cm)のニシキヘビが侵入してくる一幕も。



 ピラネスバーグ国立公園にはライオンやチーターなど危険な動物も生息しているようで、選手が無事でなによりな出来事でした。



関連キーワード

ゴルフ | 動物 | アフリカ | スポーツ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼ生物部に「いいね!」しよう