ニュース
» 2016年11月14日 12時54分 UPDATE

1枚絵をポッキーの合間からみると…… ポッキーの日に投稿されたスリットアニメーションが不思議でスゴイ

もともとは6コマ分のイラストだったそうです。

[ねとらぼ]

 11月11日にTwitterユーザーの@SlitAnimationさんが投稿したスリットアニメーションが注目されています。スリット表現に使用されているのは、11月11日にちなんだ「ポッキー」です。

 スリットアニメーションは、アニメーションの断片をつなぎ合わせた1枚の絵を使い、隙間からその断片を見せることでアニメーションにする錯視の一種。動画で使用されている画像も、もともと6コマ分のイラストを描いて、それを1枚に合成しているそうです。等間隔に並べられたポッキー間の隙間からは、キスをするカップルや回し車で走るハムスターなどがまるで普通のアニメーションのように動いています。なんか不思議。


スリットシート アニメーション 並べられたポッキー

スリットシート アニメーション 隙間からアニメーションが見えます

スリットシート アニメーション 枠が回転

スリットシート アニメーション ラブラブなカップル

スリットシート アニメーション カラーのハムスターは……

スリットシート アニメーション ケージをガシガシ回します

 @SlitAnimationさんは、ポッキーを使ったスリットアニメーションの他にも、「スリットシート」を使用した通常のスリットアニメーションも多数投稿。隙間から見えるちょっと不思議なパラパラ漫画についつい見入ってしまう……。

画像提供:@SlitAnimationさん

関連キーワード

ポッキー | ハムスター | Twitter


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう