ニュース
» 2016年11月14日 17時15分 UPDATE

アニメ「幼女戦記」が2017年1月から放送決定! 主人公の鬼畜幼女・ターニャは悠木碧

「其れは、幼女の皮をかぶった化物――。」

[あいひょん,ねとらぼ]

 テレビアニメ「幼女戦記」が2017年1月から放送開始となることが明らかになりました。最速放送はAT-Xで1月6日22時からで、TOKYO MX・サンテレビ・KBS京都・テレビ愛知・BS11でも放送されます。ネット配信はAbemaTV独占で、6日25時35分/7日1時35分から。

幼女戦記 キービジュアル テレビアニメ「幼女戦記」 キービジュアル
幼女戦記 ロゴ


 不気味さが漂うキービジュアルや「其れは、幼女の皮をかぶった化物――。」というキャッチコピーの通り、同作の主人公であるターニャ・デグレチャフ(CV:悠木碧さん)は“幼女(原作小説では9歳)”でありながらも目的のためならあらゆる犠牲を厭わない、周りからは戦争狂とさえ捉えられている恐怖の存在。おとなしくしていれば金髪碧眼のかわいらしい見た目ですが、公開された設定画では“マジキチ顔”も確認できます……!

幼女戦記 ターニャ

テレビアニメ「幼女戦記」 ストーリー

統一暦1923年6月。金髪碧眼の幼女、ターニャ・デグレチャフは帝国軍士官学校の最終課程、部隊勤務の一環として北方軍管区ノルデン戦区の第三哨戒線で研修に励んでいた。航空魔導師として輝かしいキャリアを踏み出すための第一歩である研修は何事もなく無事に終わるはずだった。しかし事態は思わぬ方向へ転がっていく。協商連合の越境侵犯をきっかけに帝国と協商連合は戦争状態に突入。戦時体制への移行に伴い、観測任務が割り当てられるも、協商連合軍による奇襲が発生し、ターニャは敵の魔導師中隊と単独で交戦しなければならない事態に陥ってしまう。多勢に無勢で味方が到着するまで持ちこたえることなどできるわけもなく、しかし逃げようものなら敵前逃亡で死罪は免れないという絶望的な状況。何としても生き延び、上層部に対して最善を尽くしたとアピールするため、ターニャはとある作戦に打って出るのだが……。


幼女戦記 放送情報 放送日時一覧(画像は同作の公式サイトから)

 同作のオープニングテーマはMYTH &ROIDの「JINGO JUNGLE」、エンディングテーマは悠木碧さん演じるターニャの「Los! Los! Los!」に決定しました。どちらも2月にCDの発売が予定されており、「Los! Los! Los!」はアニメ描き下ろしジャケット仕様になるとのこと。

 原作小説は6巻まで刊行されており、「月刊コンプエース」ではコミカライズ版も連載中です。


(C) カルロ・ゼン・KADOKAWA刊/幼女戦記製作委員会

関連キーワード

アニメ | 悠木碧 | AbemaTV | TOKYO MX


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう