ニュース
» 2016年11月14日 21時00分 UPDATE

飼い主も絞め殺されかけ オーストラリアで子犬を飲み込んだ疑いのヘビを確保

無許可で飼うのはやめましょう。

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 オーストラリアニューサウスウェールズ州シングルトンにて、子犬を丸飲みした疑いのある大蛇を捕まえたと地元警察が発表しました。


 捕獲されたヘビは体長2.3メートルのボアコンストリクター。11月8日(現地時間)、男がヘビを飼っているという通報を受け、警察が事態を把握。飼い主も眠っていたところをヘビに締め殺されそうになっていました。

 専門家によるとヘビは外来種で、現地生物には耐性のない病原菌を持っている可能性もあり自然に返すわけにもいかないため、安楽死させられる予定。警察は飼い主が無許可で飼育していたとみて調査を継続するとしています。子犬にもヘビにも罪はなく、なんとも残念な今回の事件。飼い主にはルールを守って動物と接していただきたいものです。

子犬を飲み込んだ疑いのヘビを確保 飼い主も絞め殺されかけ 子犬にもヘビにも罪はありません

関連キーワード

| 警察 | 動物 | オーストラリア


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼ生物部に「いいね!」しよう