ニュース
» 2016年11月14日 20時50分 UPDATE

本物そっくりなロボット鯉が撮影される 「こち亀」の技術が実現か

アニメの世界って実現するんだな……。

[三本樹聖,ねとらぼ]

 Twitterユーザーのいちのじ(@ichinoji)さんが投稿したロボットニシキゴイの動画が注目を集めています。

 ほとんど音も立てずスムーズに泳いでいて、遠目からだと本物と見分けが付きません。これは……こち亀で見たやつ! そう、こち亀には、大原部長の大切な錦鯉(鯉次郎)を逃がしてしまった両さんが、中川エレクトロ事業部が開発したロボットフィッシュで、鯉次郎を忠実に再現してごまかかそうとするエピソードがあります。

 コミックス120巻(2000年)収録、03年にはアニメで放送されましたが、あれから10年以上たった今こうなるとは。Twitterにも「どれがロボット?」「こち亀でしか見たことがない」といった驚きの声が多数寄せられていました。

ロボフィッシュ 本物みたい……。 (画像提供:いちのじさん)

ロボフィッシュ 本当にロボットだ (画像提供:いちのじさん)

 調べてみると、制作したのは韓国のアイロ社。サイトによると、さまざまなバージョンを開発しており、投稿のものと思われる「MIRO-9」は、5時間の充電で10時間稼働するタイプとのことです。現在は赤青白黒金のカラーが流通してますが、錦鯉仕様のものも進めているようで「Comming soon」の文字が!

ロボフィッシュ ロボットです (画像:アイロ社サイトより)

ロボフィッシュ 錦鯉も開発中の様子 (画像:アイロ社サイトより)

 YouTubeには「MIRO fishing」というアイロ社の社長がオフィスで釣りをしている動画も上がっていました。これが将来の釣り堀の姿なのかもしれません。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう