ニュース
» 2016年11月15日 08時00分 UPDATE

タツノコプロ「破裏拳ポリマー」、溝端淳平主演で実写映画化! 監督は「仮面ライダーフォーゼ」の坂本浩一

溝端淳平さん「ヒーローとは無縁だと思っていました!」。

[まっつ,ねとらぼ]

 1974年10月から1975年3月にかけてNET(現在のテレビ朝日)系で放送されたタツノコプロによるSFアクションヒーローアニメ「破裏拳ポリマー」が実写映画化することが発表されました(配給:KADOKAWA)。2017年5月公開予定です。

ポリマー 懐かしい……

 元ストリートファイターで、探偵、そして奥義“破裏拳(はりけん)”を操る拳法の達人という盛り込みすぎた設定の主人公・鎧武士(よろいたけし)役を演じるのは、俳優の溝端淳平さん。脇を固めるキャストは、謎の美女・稗田玲役に原幹恵さん、鎧武士と共に事件解決を目指す警視庁の刑事・来間譲一役に山田裕貴さん、武士の助手・南波テル役に柳ゆり菜さんら。

 監督には、「仮面ライダーW」「仮面ライダーフォーゼ」「大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE」などの人気作品を手掛けてきた坂本浩一さんが抜てき。アクション監督としての経験を生かして“破裏拳(はりけん)”をどう実写で表現するのかにも注目です。さらに、脚本は「ウルトラマンティガ」や「ウルトラマンコスモス」などの特撮脚本で知られる大西信介さんが担当します。

ポリマーポリマー ポーズを決める溝端さんと変身後の溝端さん

 デビューから10年が経ち、「ずっとヒーローとは無縁だと思っていました!」と語る溝端さん。戦隊もの出身の人物から「変身後はスーツアクターの方がやってくれるよ」と聞いて安心していたそうですが、ポリマーは顔が見えているため、変身後も演じなければならないことが分かり「ちょっと聞いてた話とは違うなと思いました!笑」とコメント。

 坂本監督はアニメ原作のヒーロー作品を担当することは初めてということで、「ポリマーのファンだった人達から、ポリマーを知らない人達、特撮ファン、アニメファン、アクションファンなど、多くの人達へのゲートを広げた作品を目指しました」とコメント。さらに「ハリウッドにも負けない日本のカッコいいヒーローを堪能していただきたいです」と意気込みも見せています。

(C)2017「破裏拳ポリマー」製作委員会
(C)タツノコプロ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう