ニュース
» 2016年11月15日 13時45分 UPDATE

平均睡眠時間が6時間未満の割合増加、主要因は就労時間と家事 厚労省が「国民健康・栄養調査」発表

若い世代ほど外食の利用頻度が高く、栄養バランスに課題があるとも。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 厚生労働省が、2015年11月に実施した「国民健康・栄養調査」の結果を発表した。無作為抽出した300単位区内の全世帯および世帯員を対象に、栄養摂取状況や生活習慣を調べたもの。重点項目として国民の睡眠時間などが特記されており、1日の平均睡眠時間が6時間未満である人の割合が増加していることが分かった(以下、厚労省の資料より引用)。


平均睡眠時間 平均睡眠時間が6時間未満である人の割合は、男女ともに全体で3割前後

 平均睡眠時間について最も多かった回答は「6時間以上7時間未満」で、男性が33.9%、女性が34.2%。6時間未満と答えた割合は、2007年以降増加傾向にあるという。睡眠不足の影響を感じるか聞いた質問では、睡眠時間が6時間未満の人は全項目において高い割合で該当すると回答。特に「日中、眠気を感じた」とした割合が男性44.5%、女性48.7%となった。


睡眠時間推移 2005〜2015年の平均睡眠時間推移

睡眠の質の状況 「日中、眠気を感じた」ほか、「睡眠時間が足りなかった」「睡眠途中に目が覚めて困った」に該当した人が多い

 睡眠の確保を妨げる要因は、20〜50代男性では「仕事」が最多となった(「特に困っていない」と「その他」の回答除く)。女性での最多要因は、20代では「就寝前に携帯電話、メール、ゲームなどに熱中すること」が33.3%、30代では「育児」が32.7%、40代では「家事」と、世代ごとに差違が見られる。


睡眠阻害要因 全般的には、男性は仕事、女性は家事が睡眠の阻害要因となっている

 さらに上記回答をした人は、「睡眠の確保のため最も必要としていること」も問われた。結果、20〜50代男性では「就労時間の短縮」、20代女性では「就寝前に携帯電話、メール、ゲームなどに熱中しない」、30代女性では「育児のサポート」、40代女性では「家事のサポート」、60歳以上の男女では「健康状態の改善」との回答が最多となっている。


改善のために必要なもの 就労時間だけでなく、携帯端末との付き合いかたも取り沙汰されている

 食生活に関する調査では、若い世代ほど外食や中食(既製品の総菜や弁当)の利用割合が高く、主食・主菜・副菜を組み合わせた食事がとられていない傾向が見られた。特に20〜30代女性では、たんぱく質やカルシウム、食物繊維などの摂取量が、60歳以上に比べて少ないという。


外食頻度 外食・中食ともに、20〜30代男性の利用頻度が高い

バランスのとれた食事の頻度 外食の利用頻度が高い若年層ほど、バランスのとれた食事の機会は少ない

栄養摂取量 女性における世代ごとの栄養素等摂取量(傍線等、筆者追記)

 とりわけ長い就労時間の問題(関連記事)が浮き彫りとなったこの調査。受動喫煙を有する機会の4割超が飲食店とのデータもあり(関連記事)、日本が抱える諸問題を如実に示している。


受動喫煙の機会 受動喫煙の機会は、飲食店に次いで遊技場や職場に多い


(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう