ニュース
» 2016年11月15日 15時48分 UPDATE

田村哲也が弐寺の名曲「Daisuke」に関する衝撃事実を明かす 「レコーディング中に『大好き』から変更した」

まさに天啓。

[ねとらぼ]

 「DJ REMO-CON」としても活動するゲーム音楽の作曲家・田村哲也さん(@REMOccCON)が、コナミの音ゲー「beatmaniaIIDX 10th style」に収録されている「Daisuke」について、当初の歌詞は「大好き」になる予定だったことを明かしました。


daisuke 弐寺 あまりにも有名なこの構え(YouTubeより

 「Daisuke」はアップテンポのユーロビート曲。英語の歌詞が続く中、サビの部分でボーカルがつぶやく「ダイスケ」という歌詞が特に有名です。その曲調と印象的な「ダイスケ」のフレーズ、そしてゲーム画面に現れる激しいダンスが話題となり、数々のMAD動画を誕生させた名曲としても知られています。

 レコーディング寸前まで「大好き」になる予定だったという「Daisuke」ですが、田村哲也さんは「ボーカルレコーディング中に突如『ダイスケにしよう!』と言い出した。俺が」と突然の変更だったことを明かしています。その理由についてもゴロの良さと“普通の曲にしたくない”というごくシンプルな自身の思いからだったそうです。

 歌詞の語感の良さもあり、長い間ファンから愛される曲となった「Daisuke」。この歌詞には深い理由があった……というわけではありませんが、「普通の曲にしたくない」という田村さんの思いは実を結んだと言えそうです。



関連キーワード

歌詞 | 作曲 | ゲーム | 音楽ゲーム | ゲーム音楽 | KONAMI


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう