ニュース
» 2016年11月15日 22時23分 UPDATE

シカになってシカとたわむれるだけの謎ゲー、今になって突然リメイク企画が始動

オリジナル版は2005年に無料公開されたPCゲーム。

[Shuji Ishimoto,AUTOMATON]
AUTOMATON


シカゲー

 Tale of Talesは、『The Endless Forest』のリメイク企画を進行中だ。同作は2005年に無料公開されたPCゲームで、Tale of Talesが開発したあの奇妙なシカのゲームと言えば思いだす人もいるかもしれない。現在はIndiegogoにてクラウドファンディングを実施しており、4万ユーロの獲得を目指している。

 『The Endless Forest』はオンラインマルチプレイヤー型の作品で、プレイヤーたちはシカとなって自然の中を思い思いに探索し、ほかのシカたちと交流することになる。戦闘やサバイバルといったゲーム的な要素・数値は一切存在しないが、プレイヤーはシカのアバターを通じて多種多様な動作(Motion)や感情表現(Emotion)をすることが可能。逆に本作にはテキストとボイスどちらのチャットシステムも存在しないため、プレイヤーは動作と表現を活用して他人とコミュニケーションを取る必要がある。



 一切のゲーム要素を排除しコミュニケーションにスポットを当てたという内容や、国籍関係なくプレイヤー同士で交流できるデザインが本作の魅力だ。以前はハロウィンなどの季節ごとにイベントも実施され、根強いコミュニティが『The Endless Forest』の奇妙な世界観とリラックスしたゲーム体験を楽しんでいた。また、チャットシステムを介さず他のプレイヤーと交流を図るというデザインは、2012年に発売された『風ノ旅ビト(Journey)』に似た部分も感じさせる。

 Tale of Talesによれば、オリジナル版の『The Endless Forest』はゲームエンジンに「Quest3D」を使用しているが、リメイク版ではUnreal Engineを採用する予定であるとのこと。もし今回のIndiegogoのキャンペーンで4万ユーロが集まらなかった場合でも、できる限りの範囲でオリジナル版になんらかの新規コンテンツを追加することを考えているそうだ。そしてオリジナル版がそうであったように、リメイク版『The Endless Forest』も無料で公開される予定となっている。


関連記事



Copyright (C) 2017 AUTOMATON. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう