ニュース
» 2016年11月17日 22時55分 UPDATE

水槽の噴出口でぶっ飛ばされるタコクラゲがかわいい 海遊館「これが最適の水流なんです」

ぶわっ!ふわふわ〜〜〜。

[三本樹聖,ねとらぼ]

 大阪・海遊館を訪れたTwitterユーザーのはるな(@suzume225)さんが、水槽の水の勢いでぶっ飛ばされるタコクラゲの様子を投稿しています。

 噴出口へ近づくと、すごい勢いで宙に舞うクラゲたち。一見すると「水流が強すぎるのでは?」と思ってしまいますが、同館の担当者に確認したところ、これがタコクラゲにとって最適の水流なんだとか。なるほど……。


タコクラゲ 水の噴出口に近づくと…
タコクラゲ ぶっ飛ばされる……(画像提供:はるなさん)


 クラゲは自力で泳ぎまわるわけではないため、これくらいの勢いがないと水面や水底にかたまってしまい、そのまま変形して弱ってしまうケースがあるのだとか。ちなみに、タコクラゲは、傘の部分に水玉模様があるかわいいクラゲ。展示のものは小さくおおむね握りこぶし程の大きさで、女性に人気なのだといいます。

 なお、タコクラゲがいるふあふあクラゲ館では、珍しいクラゲが入ったり、弱ったりすると展示替えを行っているとのこと。ぶっ飛ばされるタコクラゲを見たい人は早めに行くのが吉。


タコクラゲ タコクラゲ(画像提供:海遊館)

 また、海遊館では、11月22日から3月5日まで「冬のイルミネーション」が、12月1日から12月25日までは「サンタダイバー」が登場する催しが開催されます。

海遊館

開館時間:10時〜20時 (最終入館は閉館1時間前まで)

所在地: 〒552-0022 大阪府大阪市港区海岸通1丁目1−10

入館料: 大人・2300円、子供・1200円、幼児・600円、シニア・2000円(各税込)

休館日: 年内は休まず営業。次回休館日は2017年1月11日・12日

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼ生物部に「いいね!」しよう