ニュース
» 2016年11月18日 19時25分 UPDATE

若い子知らないやつだこれ! アニメ「母をたずねて三千里」の展覧会が12月開催

放送から40年。作画監督・小田部羊一のイラストや高畑勲、宮崎駿の制作資料を展示、トークイベントも開催。

[ADAKEN,ねとらぼ]

 テレビアニメ「母をたずねて三千里」のキャラクターデザイン・作画監督を務めた小田部羊一さんの作品を中心にその魅力を紹介する「マルコの世界 小田部羊一と『母をたずねて三千里』展」が、12月2日から22日までイタリア文化会館(東京都千代田区九段南)で開催されます。2016年はアニメの放送開始からちょうど40年。時代を超えた感動がよみがえります。

「母をたずねて三千里」展開催(イタリア文化会館公式サイトから) 放送から40年を迎えた「母をたずねて三千里」(イタリア文化会館公式サイトから)

 1976年放送の同作は、イタリアで暮らす少年マルコが、アルゼンチンへ出稼ぎに出たまま音信不通になった母親を訪ね一人旅に出る冒険ストーリー。展覧会では、小田部さんによるキャラクターデザイン画やアニメーションドローイング、高畑勲監督による絵コンテや場面設定を担当した宮崎駿さんによるレイアウト、椋尾篁美術監督による背景画などの資料が出展されます。

イタリアからアルゼンチンへ、マルコの冒険を描いた傑作(イタリア文化会館公式サイトから) マルコの冒険がよみがえる(イタリア文化会館公式サイトから)

 さらに12月10日には小田部さん、17日には高畑監督を招いての作品上映とトークショー、18日には中村力哉 Life is now trioによるジャズコンサート「MARCOとイタリアンシネマの名曲」が開催されます。

小田部羊一さんのキャラクターデザイン画(イタリア文化会館公式サイトから) アニメ制作資料を多数展示(イタリア文化会館公式サイトから)

ADAKEN


関連キーワード

アニメ | 宮崎駿 | トークショー


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう