ニュース
» 2016年11月19日 10時30分 UPDATE

プラネタリウムで堂々と眠れる! 「2016熟睡プラ寝たリウム」が全国31カ所で同時開催

プラネタリウムで寝ちゃうなら、最初から寝るためのプラネタリウムイベントを開催すればいいじゃない、とのことで始まったイベントです。

[中塚猛/LOCOMO&COMO,ねとらぼ]

 インターネットで「熟睡」のワードで検索すると、無数にヒットする「熟睡するための○○の方法」や、「熟睡するためのテクニック」。日本人の5人に1人は、睡眠に何らかの問題を抱えているという統計データもあるそうで、眠れなくて困っている人の多さに驚かされます。

 「熟睡できなくて、いつも寝不足」と嘆いているみなさま! 「プラネタリウムを見ながら寝ているお客さんが多いなら、いっそのこと寝ちゃうことを目的としたプラネタリウムをはじめよう」という逆の発想から企画された「熟睡プラ寝たリウム」が11月23日に開催されます。「熟睡プラ寝たリウム」は、2011年に明石市立天文科学館から始まり、2016年は全国31カ所にまで増えました。


画像


画像 「2016 熟睡プラ寝たリウム」 ポスター

 開催場所は、6年連続開催の兵庫県・明石市立天文科学館や、5年連続の宮城県・大崎生涯学習センター、鹿児島県・リナシティかのや、石川県・石川県柳田星の観察館「満天星」をはじめ、北海道・北網圏北見文化センターや、京都府・文化パルク城陽などが初開催。詳細は、日本プラ寝たリウム学会の公式サイトまで。

 マイ枕やマイ毛布持参も推奨しているプラネタリウムもあるとか(持ち込み可能なものについては各会場に確認のこと)。おやすみなさい……。

※持ち物可能品について当初の記載から修正しています。

(中塚猛/LOCOMO&COMO)

関連キーワード

プラネタリウム | 天文 | イベント | 癒し | 睡眠


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう