ニュース
» 2016年11月20日 18時53分 UPDATE

人気ゲーム「龍が如く」ゲオ独占で実写ドラマ化 葉山奨之さんら出演

ゲオ独占配信。

[大里ミチル,ねとらぼ]

 「堂島の龍」と呼ばれた元極道、桐生一馬の活躍を描く人気ゲーム「龍が如く」の実写ドラマ化が決定しました。タイトルは「龍が如く 魂の詩。」。監督はドラマ「めんたいぴりり」や東京五輪招致PR映像などを手がけた江口カン氏が担当し、ゲームショップ・ビデオレンタル店のゲオ系列店頭でのレンタルや、動画配信サービス“ゲオチャンネル”などでの独占配信となります。


龍が如く シリーズ最新作と対を成すタイトル名で、ワクワクします


龍が如く 写真に写っている、この不良三人組が主人公になるとのこと

 11月20日17時から放送された「セガなま」で、若手俳優の葉山奨之さん・矢本悠馬さん・福山翔大さん・手塚真生さんの4人が主要人物として出演すると発表されました。「龍が如く」シリーズの総合監督・名越稔洋氏もちょっとした役どころで出演するとのこと。また、主題歌は人気バンド・湘南之風が担当します。


龍が如く 名越監督の口から、「どこまでが破滅と呼ぶのか」など気になるコメントも


龍が如く あの人気バンドが再び主題歌を担当します

 ドラマには桐生一馬は登場せず、桐生一馬に憧れる男たちの話になるとのこと。さらに12月8日に発売予定のプレイステーション 4ソフト「龍が如く6 命の詩。」とストーリーは連動していると名越監督が発言。「龍が如く 魂の詩。」は11月30日からゲオの動画配信サービス「ゲオチャンネル」で独占配信され、2017年1月11日からゲオ系列店頭でレンタルが開始となります。


龍が如く まずはゲオチャンネルにて先行配信とのこと

(大里ミチル)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう