ニュース
» 2016年11月21日 07時00分 UPDATE

大日本印刷、活版印刷の風合いを再現した「にじみフォント」を開発 デジタルの線に丸みや揺らぎを加えて表現力をプラス

なつかしい感覚。

[宮原れい,ねとらぼ]

 大日本印刷(DNP)は、同社オリジナル書体の「秀英体」で“活版印刷の風合い”を再現した「にじみフォント」を開発。11月18日より「FONTPLUS(フォントプラス)」で第1弾の「秀英にじみ明朝L」を発売しています。


にじみフォント 大日本印刷 DNP 秀英体 従来の明朝文字(上)と、にじみフォントの明朝文字(下)

 通常のフォントと比較すると、インクがにじむような表現によって一部分が太くなったり、丸くなっているのが確認できます。中には線が揺らいでいるような部分もあり、デジタルフォントとはいえ紙に印字したような質感が感じられます。

 同フォントの開発では、はじめに実際の印刷物の印影を分析。そのランダム要素の強いアナログな結果から「にじみ」を付与するための専用プログラムをまず開発し、それを使い秀英体フォントデータに画像処理を施して完成したということです。また“太らせ量”や“ゆらぎ量”などの段階も、ほどよく読みやすくなるよう調整されています。


にじみフォント 大日本印刷 DNP 秀英体 活版印刷物の印影を分析するところからスタート

 同社は今後にじみフォントシリーズとして、「にじみゴシック」「にじみアンチック」などのラインアップを開発・追加する予定。また書籍や雑誌以外でも、電子書籍やフォトブックなどで秀英体の利用範囲をさらに広げるため、多様な分野へのライセンス提供を推進していくとしています。


にじみフォント 大日本印刷 DNP 秀英体 従来の丸ゴシック(上)と、試作版の「にじみ丸ゴシック」(下)

 Webフォントサービス「FONTPLUS」では2017年1月31日14時59分まで入会金(1万800円)が無料となっていて、導入プランはPV数に応じた課金設定(1080円〜)の「スマートライセンス」と、1年間1万2960円(どちらも税込)の「バリューライセンス」が用意されています。



(宮原れい)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう