ニュース
» 2016年11月22日 08時30分 UPDATE

大胆かつ繊細なフォームが美しい 英国男性、「バンジージャンプでクッキーを紅茶に浸す」ギネス世界記録を更新

紅茶をほとんどこぼさない謎のスキル。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 イギリスの男性、Simon Berryさんが"バンジージャンプで飛び降りながら、クッキーを紅茶に浸す"チャレンジで、新たなギネス世界記録を打ち立てました。

 飛び込み台の高さは73.41メートル。米国のRon Jonesさんが2013年に達成した60.553メートルを10メートル以上更新しています。



 チャレンジのもようを収録した動画では、競泳選手がプールに飛び込むときのように両手を前に突き出したフォームでジャンプを開始。ティーカップに到達する直前のタイミングで全身を伸ばしきる、無駄がなく美しいフォームを見せています。

 スローモーションで確認すると、クッキーを紅茶に浸す際に腕を微妙に曲げ伸ばしして、手の位置を調節していることが分かります。そのため、紅茶はあまりこぼれておらず、地上に戻ってから、残りをゆっくり楽しむこともできそうです。さすがはジェントルマンの国・イギリスといったところでしょうか。小技の効かせ方が優雅です。


画像

画像 競泳のスタートのときのように、両手を前に突き出すフォーム

画像 ここまで来たら紅茶にクッキーを浸すだけ

画像 腕の位置を微調整しつつ……

画像 クッキーを優しく、紅茶にチャプっ

画像 ギネス世界記録達成、おめでとうございます!


マッハ・キショ松


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう