ニュース
» 2016年11月22日 10時15分 UPDATE

松本人志プロデュースの密室笑わせ合いサバイバル「ドキュメンタル」、Amazonプライム・ビデオが独占配信

勝者は1000万円をゲット! ただし参加費1人100万円(自腹)。

[モリソウイチロウ,ねとらぼ]

 Amazonプライム会員が無料で見放題となるプライム・ビデオの日本オリジナル作品として、お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志さんによるバラエティーシリーズ「HITOSHI MATSUMOTO Presentsドキュメンタル」が11月30日から配信されます(関連記事)。

松本人志「ドキュメンタル」キービジュアル 「HITOSHI MATSUMOTO Presentsドキュメンタル」キービジュアル

 同シリーズは、10人の芸人が参加費と芸人のプライドを賭けて賞金1000万円を競う“密室笑わせ合いサバイバル”。「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」(日本テレビ)の“笑ってはいけない”シリーズでは、笑った人は罰を受けましたが、こちらは笑わなかった人が賞金を得るもよう。どちらも発案者は松本さんだからパクリじゃないな!

「ドキュメンタル」10人の勇敢な芸人たちを前に

 なお、「ドキュメンタル」とは、松本さんが「ドキュメンタリー」と「メンタル」を合わせて創った新語。参加者10人、参加費1人100万円、制限時間6時間で、同じ部屋に集まった参加者同士が、あの手この手で笑わせ合うというのがこのゲームの基本ルールです。笑ってしまい、レッドカードが出たら即退場。最後まで残った1人が賞金1000万円を獲得するわけですが、それにしても参加費100万円が自腹というのは、“笑ってはいけない”シリーズよりもハードなような……。

「ドキュメンタル」松本人志
「ドキュメンタル」監視ルーム

 100万円を失うリスクをかえりみず、このゲームへ果敢にチャレンジするのは、宮川大輔さん、「FUJIWARA」藤本敏史さん、「野生爆弾」くっきーさん、「東京ダイナマイト」ハチミツ二郎さん、「とろサーモン」久保田和靖さん、「トレンディエンジェル」斎藤司さん、「マテンロウ」アントニーさん、「天竺鼠」川原克己、「ダイノジ」大地洋輔さん、ジミー大西さんの10人。「彼らなら必ず笑いを生み出す」と松本さんが選んだ精鋭たちでもあります。

 シリーズ全4話は、毎週水曜日に1話更新で配信され、各種デバイスによるオンライン視聴の他、ダウンロードも可能です。

「ドキュメンタル」勇敢な10人の芸人たち
「ドキュメンタル」集められた1000万円
「ドキュメンタル」笑わせ合いバトル
「ドキュメンタル」笑わず生き残るのは誰だ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの日常―― どうしても定時で帰りたいときに使える技をまとめてみた

やまもとありさ×ねとらぼ: SNSマンガ家群像劇「アオイトリデ」


» 続きを読む
» 過去のまんが一覧

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー