ニュース
» 2016年11月23日 16時24分 UPDATE

関東 平地も積雪や凍結注意 23区も

できるだけ滑りにくい靴を。

[日本気象協会 tenki.jp(http://www.tenki.jp/)]
Tenki.jp

 関東では、24日朝の通勤時間帯、平地も広く雪で、内陸を中心に積雪も。予想最高気温は東京都心で3度など、真冬でもそうそうない寒さ。昼過ぎにかけて雪のまま降り続く所が多く、東京23区内も積雪の恐れ。

24日朝 平地も広く雪 余裕を持った行動を

 関東では今日23日夜になると次第に冷たい雨となります。降りはじめは、まだ気温が高めで雨の所が多いでしょう。ただ、日付のかわる頃には気温がグッと下がって、平地も広い範囲で雪に変わってくる見込みです。

 朝の通勤の時間帯、北部山沿いに加え、多摩など関東南部の内陸の方でもうっすらと雪が積もり始める所がありそうです。23区内など比較的海に近い所では、朝はまだ積雪の可能性は小さいですが、路面がシャーベット状になるなどして、滑りやすくなる危険性があります。電車など、交通機関に影響が出始める所もありそうです。明日の朝は、いつもよりも早めに起きて、状況をしっかりご確認ください。

昼過ぎにかけても広く雪 夜の帰宅時間帯まで影響が続く恐れ

 明日の最高気温は、東京都心で3度、横浜で2度など、11月としては異例の寒さ。真冬でもそうそうないレベルです。昼過ぎにかけて、広い範囲で「雪のまま」降り続くでしょう。東京23区内を含め、関東南部の平地でも、雪が積もってくる恐れがあります。雪は夕方には止んでくる見込みですが、気温の低い状態が続くため、路面が凍結する所が多くなってきそうです。

 ですので、明日の朝、路面の状況が悪くなくても、ヒールなどではなく、できるだけ滑りにくい靴を。

 また、車の運転は冬の装備が必要になるでしょう。まだ11月ということで、冬タイヤに換えていない方が多いと思います。明日は、可能ならば車の運転は避けて、公共の交通機関を利用することをオススメします。

関連リンク

Copyright (C) 2017 日本気象協会 All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう